置き換えプロテインダイエットはソイとホエイどれがいい?2食より毎日1食がいい?

プロテインを利用した置き換えダイエット。プロテインは鉄分やタンパク質を多く含んでいるので、代謝を上げて痩せる体になる筋肉にとてもいい作用をします。それを置き換えに使ってダイエットに役立てる方法を紹介します。


置き換えランキング

置き換えダイエットランキング

食べながら痩せるから続けられる!
確実に痩せたい人の定番ダイエット...

ランキングはこちら

置き換えダイエットにプロテインがいい仕組み

置き換えダイエットは、普段食事から摂り過ぎているカロリーを少なくするためにやるもの。でも食べないダイエットだと、体に負担も大きくて、その後リバウンドをしてしまうこともあります。そこで、きちんとした栄養バランスを摂れた食品をその代わりに置き換えて食べるというダイエット方法です。

置き換えダイエットでよく使われるものは、ダイエット食品の他にも、おからとか、ささみ、お豆腐などがあげられます。
低カロリーで高タンパクなものが、体にもよくダイエットの時には欠かせないものですから、こういった食品は向いているんですね。

その意味ではプロテインはたんぱく質そのものですから、置き換えの時にはとてもいいものと言えるでしょう。

代謝アップには、プロテインで筋肉量を増やすのがコツ

プロテインとは、英語でいうところの「タンパク質」です。でも日本で健康食品として出回っているプロテインというのは、たんぱく質を中心とした栄養補助食品のことを言います。
これには、たんぱく質の他、鉄分なども多く含まれていて、主に筋肉を作ることに役立ちます。筋肉は代謝の70%を占めていますので、筋肉量が増えるとその分代謝が増えて、太りにくい、痩せやすい体質に変化してきます。

代謝を増やすということは、ダイエットにとても重要なこと。代謝は短期間で体重減とはなりませんが、痩せにくい体質になれば、同じ量の食事をとっていても太らないことになりますし、体の血液やリンパのめぐりもよくなります。リバウンドもしにくくなるので、ダイエットの基本として大切なことなのです。

ダイエットシェイクでキレイに痩せる

ダイエットは続けられれば確実に痩せる。そのポイントになるのが「おいしさ」と「満足感」です。

 

美容液ダイエットシェイクは、今一番選ばれているダイエット商品のひとつ。

味は7種類でどれも美味しいし、栄養バランスがいいので思ったよりも腹持ちが良く、満足しながらカロリーコントロールできます

 

20種類の栄養やピュアコラーゲンが入っていて、ダイエット中のお肌の調子が気になる人にもぴったりです。

 

2回は「全額返金保障」があって、食べてみて合わなければ返金ができるので安心です。


プロテインで栄養補給してリバウンドのリスクを減らす

普段食事からとるカロリーが多すぎる場合、それを減らしていくことがダイエットの近道です。そしてその考え方で生まれたのが、置き換えダイエット。
食事を制限するといっても食べないでいるのは我慢できませんし、ストレスを抱えてしまってドカ食いなんていうことにもなってしまいます。
また、断食のように栄養補給をしない方法では、上手にやらないと一時的に体重は減りますが、リバウンドしてしまったり、体の調子を悪くしてしまうこともあります。
そこで、プロテインを使った置き換えダイエットが有効になるのです。

カロリーが多いものは逆効果。プロテインの選び方

プロテインと言っても何でも同じというわけではありません。もともと栄養補給のために摂るものですから、さまざまな栄養素が入っています。なかにはカロリーが多めのものも多いので気を付けなければなりません。

プロテインのタンパク質配合量ができれば7割以上のもの、カロリーが抑えめのものを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

置き換えダイエットにはソイとホエイどれがいい?

プロテインにはソイとホエイがあります。ホエイプロテインは牛乳に含まれる乳清タンパクから作られています。

体に吸収されやすいという特徴があり、スポーツ選手にも好んで使われています。

置き換えダイエットならソイプロテイン

ソイプロテインは大豆から抽出したプロテイン。ダイエットにはソイプロテインの方が効果的です。

ソイプロテインでついた筋肉は脂肪になりにくい
ソイプロテインもホエイプロテインも筋肉をつけるものですがあ、ソイプロテインでついた筋肉は脂肪になりにくいという特徴があります。

基礎代謝を上げる
基礎代謝の7割は筋肉によって行われています。筋肉量が増えるとその分代謝が上がって、脂肪燃焼しやすい体質になります。

吸収に時間がかかる
ソイプロテインは吸収に時間がかかります。つまりその分満腹感があり腹持ちがいいということに。置き換えダイエットでは腹持ちがとても大切ですからその意味でもソイプロテインは向いています。

女性にうれしい大豆イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする「大豆イソフラボン」が含まれています。イソフラボンは、アンチエイジング、美肌にも効果があるといわれています。

プロテインの飲み方。置き換えダイエットなら牛乳で割る!

プロテインは本来筋肉量を多くするために飲みます。つまり体に取り入れる九州のスピードを上げなければならないので、水やスポーツドリンクで飲むのが一般的。でも、ダイエットの場合、特に置き換えに使う時には、腹持ちを良くすることも大事になりますので、牛乳で割って飲むのがおすすめです。

置き換えダイエットで飲むときには、1日1食か2食をプロテインに変えて飲むようにします。

通常は、夜だけ置き換える方法。夕食に摂るカロリーは一番多いので、カロリー制限が効率的になります。夕食を抜いてしまうダイエットではその分摂るはずだった栄養素も抜いてしまうことになるので、プロテインに置き換えるのがいいということです。

2食置き換えよりも毎日1食がおすすめ

すぐに痩せたいという場合、2食を置き換えるダイエットをすることがあります。でもこれには注意が必要です。

プロテインで2食置き換えるときの注意点・デメリット

ダイエット食品では、カロリーを制限するためにいろいろな栄養素を配合しているのですが、実際には偏っていることも多いのです。特に必要なのは良質なタンパク質。これが取れていないと、髪やお肌がパサパサになってしまったり、筋肉量が減って代謝が悪くなったりします。

2食を置き換える時には、たんぱく質に気を付けてダイエットしなければいけないということです。その意味ではプロテインはとても適しているんですね。

他にも空腹が我慢できないということが心配。もちろんカロリーは減らしてその分タンパク質を摂っているので、栄養的にも問題なく痩せることができるのですが、毎日続けるとなるととても大変です。

2食置き換えにするときには、期限を決めて、無理のない範囲で行うようにしましょう。

毎日1食をプロテインに置き換えるやり方

2食を置き換える場合は、夕食を置き換えるとなると栄養素が不足してしまいますし、例えば朝と夜を抜くとなると、お昼しか食べられないということになってしまいます。

置き換えダイエットは長く続けること、リバウンドのリスクを減らして健康的に痩せることが目的です。2食を抜くのではなく、朝食だけとか夕食だけというようにした方が、長く続ける成功のコツです。

置き換えプロテインダイエットはソイとホエイどれがいい?2食より毎日1食がいい? まとめ

置き換えダイエットで2食置き換える時には、栄養素の不足がとても深刻ですよね。特にタンパク質をしっかりとらないと体にも悪い影響があります。2食置き換えはとても大変なことなので無理の内容に行うのが鉄則ですが、もしやるのならプロテインでの置き換えが最適だと言えるでしょう。


話題のコンブチャクレンズが1000円で買える!?

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズは、28日間の臨床試験で、平均-1.9kg。最大で-5.6kg痩せたことが証明されました。成功率は91%です。

 

味はマンゴージュースでとってもおいしく飲めますし、合成甘味料、合成着色料、合成アミノ酸、アルコールを一切使用せず無添加で安心です。

 

200種類以上の酵素と、酵母や乳酸菌が燃焼と排出をサポートするので、飲んだら体がポカポカしてきます。飲み始めてから、お通じもよくなってきて汗もかきやすくなりましたから、私も信頼して飲んでいます。

定期購入だと、初回1000円で購入できるのでとってもお得です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
置き換えランキング

置き換えダイエットランキング

食べながら痩せるから続けられる!
確実に痩せたい人の定番ダイエット...

ランキングはこちら
生酵素サプリランキング

生酵素サプリランキング

酵素の力で腸活ダイエット!
代謝アップで痩せるチカラをサポート...

ランキングはこちら
酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクランキング

3日間短期集中ダイエットで-3kgが実現?
腸活にも最適な...

ランキングはこちら