生理周期とダイエットのタイミング。いつからが痩せる時期?

生理中はダイエットをしてもうまくいかないことが多くあります。せっかく順調にダイエットが進んでいても逆に太ってしまうことも。生理中のダイエットは効果がないとか無意味という人もいるくらいです。

生理周期と痩せやすい時期との関係をつかんで上手にダイエットするためのコツを見ていきましょう。

 

 

  • 生理の前と生理中は痩せにくくなっている
  • 生理中は無理のないダイエットをしましょう
  • 生理後に集中して痩せるコツ

お腹痩せは今がチャンス!

寒いほうが体を温めようとするので脂肪が燃えやすい。だから今がダイエットチャンス...

もっと詳しく見る

生理前のダイエットは痩せにくい

生理前、生理中は、太りやすく痩せにくい体質に変化している時期です。これは女性ホルモンの変化によるもので、むしろ正常な状態とも言えます。ですから、生理前に太ってしまったからと言ってがっかりしないことが大切。ここでは生理前にはどのような変化があるのかを見ていきましょう。

生理前は食欲がアップする

女性の体は、生理前には赤ちゃんを育てるためにたくさんの栄養を蓄えようとします。食欲はアップして、同じように食べていても脂肪がつきやすくなっています。

水分をため込んでしまう

生理の時にはたくさんの出血があります。そこで体は水分を蓄えて体のバランスを摂ろうとします。水分が多くなってくるとむくみも出てきますし、体脂肪以外では水分の量によって体重が変化しますので、ダイエットをしていても体重が減っていかないといった現象が起こります。

代謝が悪くなる

栄養をしっかりと蓄えるためには、エネルギーを消費しないことも大切になってきます。この時期の体は赤ちゃんを育てるための栄養が必要なので、消費量を少なくする必要があり餡巣。そのため、体の代謝が落ちて、同じカロリーを摂ったとしてもエネルギーとして使わないようにシフトしていきます。

食べ過ぎてしまう人に今だけチャンス!

大人のカロリミット

どうしても食べ過ぎてしまう」、「甘いものが止められない」ときには、大人のカロリミット


糖の吸収を抑えてくれるから、余分な糖が吸収されずに済みます

脂肪の代謝をサポートする成分も入っているからさらに太りにくい体質に。


現在WEB限定980円キャンペーン中。コンビニで買うと1500円程度しますので今がお買い得です。


生理中のダイエットは無理をしない!

このように生理中にはダイエットに向いていない状況があります。ここで無理なダイエットをしてしまうと、体調をくずしたり、イライラがたまったりしやすいのです。
生理前、生理中は無理をしないで軽めのダイエットにするようにしましょう。

生理中のダイエットはストレス対策がポイント

生理中は体重を落とすのが一番きつい時期です。頑張っているのに思うように痩せない!そんな時期に気を付けなければいけないのことを紹介します。

 

 

  • 生理中は現状維持でもうまくいっている状態
  • 運動は軽めに。痩せるためというよりもストレス発散のためにする。
  • 食欲は増します。暴飲暴食には気を付けて!結果を求めすぎず気持ちを切り替えて!

この時期はPMSでもともとストレスがたまりやすい時期です。さらにダイエットで体重が思うように落ちてこないとなるとストレスがたまる一方。
生理前、生理中は体重が落ちにくいんだと認識していればそういったストレスも軽くなるはず。この時期に体重が変わらないということは、順調な証拠です。生理が終わったらグッと体重に変化があると信じて無理をしないようにしましょう。
暴飲暴食でカロリーを摂り過ぎないように!
生理前や生理中は食欲が増す時期です。さらに食事制限をしているとどうしてもストレスがたまってしまいます。そこで暴飲暴食をしてしまって逆に太ってしまうということもよくあります。そうなる前に少しでも発散していくことも必要。無理にすべてを我慢するのではなく、カロリー過多にならない程度に食べる方が続けやすくなります。

生理中の運動は軽いものに

生理前は体の代謝が落ちてきています。そのため、カロリーをあまり消費できないので、激しい運動をしてもなかなか効果が出てきません。また、激しい運動は体調を崩すきっかけにもなってしまいますので、あまりおすすめできません。
生理前、生理中にはストレッチや軽めの有酸素運動などをとりいれて、ストレスが発散できる程度のものにしていきましょう。

生理中は多少太るくらいが普通です。現状維持だったら今やっているダイエットはうまくいっていると考えて気を楽に持ちましょう。生理が終われば痩せやすい時期に突入します。あと1週間と思ってモチベーションを保ちながら乗り切ってください。

スポンサードリンク

生理後がダイエットのタイミング!

生理が終わったらダイエットのチャンスです。ここからは女性ホルモンが変化してきますので、体から水分を排泄するようになり、代謝もアップしてきます。ここでしっかりとした食事制限や運動をとりいれたダイエットにチャレンジしていきましょう。

生理後の痩せる時期はいつから?

痩せるタイミングは生理後から2週間と言われています。詳しく言うと、生理の開始日から4日後くらいから、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されるようになってきます。ここからが痩せやすい時期。そこから排卵日までの期間がダイエットのタイミングです。

 

 

  • 脂肪燃焼が最も望める
  • 水分を排出しやすい時期

生理開始日から数えて・・・

1日~4日 生理中 理をしてはいけません
5日~14日 生理中~生理後 痩せやすい時期に突入!
15日~28日 排卵期~生理前 ため込みやすい時期。ダイエットには向きません。

生理後は、女性ホルモンエストロゲンが分泌されるようになります。このホルモンは脂肪燃焼を高めてくれますので、有酸素運動で脂肪を燃やすのにも効率的です。有酸素運動は、あまりハードなものだと脂肪燃焼の効果がなくなってしまいますので、ゆっくりと長めのウオーキングや水泳などをしていきましょう。

この時期は筋トレなどの無酸素運動も効果的です。筋肉をつけることで代謝もアップし痩せやすい体質に。脚や二の腕などのスリムアップにもなりますので、見た目もきれいに改善されてきます。

代謝が良くなるので体の中の余計な水分が排泄されるようになります。デトックスをとりいれたダイエットもこの時期が有効です。デトックスと言えばファスティングダイエットが知られていますが、断食も生理前よりも生理後の方が向いています。生理前などのストレスのかかる時期を外して行うようにしましょう。

生理前・生理中にやった方がいいことは?

生理前から生理中はただでさえ太りやすい体質になっています。この時期無理をしてはいけないのですが、何もしないでいるというわけにはいきませんよね。ここでは生理前から生理中にやっておきたいことを紹介します。

できるだけ体を温めること

生理痛がひどい時には体を温めると症状が軽くなるといわれています。体を温めることは実はダイエットにも効果的です。体温が上がるとその分脂肪が燃焼されるようになります。夏は痩せにくく、冬は痩せやすいというのはこのことと関連があります。冬の時期は外気が寒いので体を温めようとするため痩せやすくなり、夏の時期は逆に体を冷やそうとするので痩せにくくなってくるのです。生理中もできるだけ体を温かく保つように心がけましょう。

  • お風呂にゆっくり入って体を温める
  • 冷たい飲み物を摂り過ぎない

冷たい飲み物を摂るとその分水分もため込みやすくなります。むくみや冷え性というところからも気を付けなければいけませんね。

食事は3食ちゃんと食べる

ダイエットというと食事制限ばかりがクローズアップされますが、この時期無理に食事を抜いてしまわないように気を付けましょう。カロリーは控えめに3食しっかり食べるのがコツです。食事を抜いてしまうとそのあとガッツリ食べてしまったり、急に食事を食べた時に毛当地が上昇したりして逆に太りやすい体質になってしまいます。
また、よく噛むのもポイントです。これは生理中に限らずダイエットには大切なことです。

  • 食事は抜かない。3食食べる
  • よく噛んで食べる

生理中のダイエットに効果的な食べ物は?

生理の時には血液が不足するので鉄分の多い食べ物が必須になります。高タンパク低カロリーで鉄分の多い食べ物がおすすめです。
それとともに、鉄分の吸収をよくするビタミンCを摂ることで効率が良くなります。
また、生理中は体温を温めることも大事。これはダイエットにもつながります。新陳代謝を高める香味野菜もおすすめです。

  • 鉄分を多くとる
  • 鉄分の吸収に効果のあるビタミンCをとる
  • 体を温める食べ物を摂る

低カロリーで鉄分の多い食べ物

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 枝豆
  • 納豆
  • 豆腐
  • ひじき
  • レバー
  • カツオ
  • マグロ

体を温める食べもの

  • 生姜
  • にんにく
  • ニラ

新陳代謝を促進させる香味野菜

  • パセリ
  • ニンニク
  • セロリ
  • ねぎ
  • しそ
  • しょうが
  • たまねぎ

生理前は・生理中のダイエットには豆乳がいい!

豆乳は余分な水分をためにくくしてくれる効果があります。生理前は特に水分をため込みやすい時期なのでこの時に豆乳を使ったダイエットはいいんです。
また、排卵後は自制ホルモンのエストロゲンが減少します。豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」にはエストロゲンと同じような効果があるといわれています。イライラを防いだりしてくれますよ。
さらに豆乳にはビタミンB6が多く含まれています。ビタミンB6はが不足すると「セロトニン」というホルモンが減少します。セロトニンは精神の安定をもたらす物質で、少なくなるとイライラしてしまったり、不安にかられたりしてしまい、安定しなくなってしまうのです。

ただし、豆乳も飲み過ぎには注意が必要です。補正ホルモンのバランスというのはとてもデリケートなもので、飲み過ぎで生理が重くなってしまうということも考えられますし、豆乳にももちろんカロリーがありますので、適度に摂るようにしてください。

生理不順を起こさないダイエットのために

生理前や生理中のダイエットは不安定な時期でもあり生理不順を起こしてしまうこともあります。生理が遅れる、止まるなどの一番の原因は、食事制限による急激なダイエットです。極端な食事制限は体が栄養不足と認識し、体調に変化をもたらします。

適正なダイエットは1ヶ月で体重の5%

ダイエットで体重を落とす適正は、1ヶ月間で現在の体重の5%と言われています。50キロの人なら2.5㎏。意外と少ないですよね。でもこれが適正なダイエットなのです。
また、適正体重を下回る場合には、なかなか体重が落ちないので過激なダイエットになりがち。特に10代の若い人ほど、5㎏や10㎏と、急激なダイエットを抵抗なく行うことが多くなります。しかしこれは、生理不順だけではなく体調を悪化させてしまいますし、無理なダイエットはリバウンドの危険性がとても高くなってきます。少し長い目で見てダイエットに取り組んだ方が、結果的にキレイなボディーラインを作るのに効果的です。

ダイエット中に生理が止まってしまう!原因は3つ

ダイエット中に生理が止まったり飛んでしまうという場合がありますが、この原因は下記の3つです。

  • 栄養不足
  • 体重の増減
  • ストレス

食事制限で栄養不足に

ダイエットと言えば食事制限はつきものですが、急にやってしまうとホルモンバランスが崩れてしまいます。生理周期も、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが大きく関係しています。栄養不足だとそのホルモンが上手に分泌されないので生理不順を起こしてしまいます。
ダイエットで食事制限をするにしても、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素はしっかりととるようにしましょう。また、糖質制限をし過ぎて糖分が足りなくなるのもいけません。

体重の増減でホルモンバランスが崩れる

急激なダイエットにつきものなのが、急激なリバウンドです。無理なダイエットをすると、筋肉量が減ったり代謝が落ちてしまいますので、どんどん痩せにくい体質になってきます。すると、普段と同じような生活を送っているのに「リバウンド」ということになってしまうのです。
リバウンドとダイエットで体重の増減を繰り返していると、ホルモンが乱れて生理不順の原因になります。
また、女性の場合、体脂肪率が22%以下になると生理周期が正常でなくなるともいわれています。

ストレスによる生理不順

過剰なストレスも、脳に影響したり自律神経を乱したりします。これもホルモンの乱れにつながり生理にも影響を与えます。ダイエット中はただでさえストレスがかかっている状態ですので、あまりにもきつい場合は無理をせずゆっくりと体脂肪を落とすように心がけていきましょう。
また、厳しい食事制限をともなうダイエットは体脂肪だけでなく、筋肉も落としてしまい体重が激減します。

生理周期と女性ホルモンについて

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。よくエストロゲンは女性らしさのためのホルモンともいわれ、アンチエイジングなどにも効果があるといわれています。女性にはうれしいホルモンといえるでしょう。一方でプロゲステロンは、妊娠した時に早産や流産を防ぐためのホルモンです。プロゲステロンの分泌が多くなると、PMSやイライラが増えてくるということなんですね。

プロゲステロンは排卵日後に分泌が増え、月経までそれは続きます。妊娠しなければ、生理が始まった後次の排卵日まではほとんど分泌されることはありません。
逆にエストロゲンは排卵日前が最も多く分泌されます。月経前にPMSの症状、前身のだるさやイライラ、頭痛などの症状がでるのは、プロゲステロンの分泌のせい、またはエストロゲンとプロゲステロンとのバランスの悪さが原因です。

エストロゲンは女性にいいホルモン

エストロゲンは、女性らしさを作るホルモンです。エストロゲンが正常に分泌されていると、お肌の潤いが保たれますし、脂肪の燃焼も促進してくれます。まさにダイエットにもアンチエイジングにもいいホルモン。自律神経を安定させ、心も穏やかにストレスからも守ってくれます。
排卵日以降はエストロゲンの分泌量が減少してくるので、ダイエットをするのなら排卵日前が効率的というのはこのことなんですね。

大豆イソフラボンとエストロゲン

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」はエストロゲンと非常によく構造が似ていて、同じような働きをするといわれています。大豆イソフラボンのサプリメントなども多く、この栄養素を摂っていると、アンチエイジングや、女性らしさのために効果的ともいわれています。しかし、女性のホルモンの変化はとてもデリケートなもの。イソフラボンの減少する生理前に必要以上に摂取すると、逆に体が不調になることもあります。普段はとてもいい作用をするイソフラボンですが、生理前に摂るときには注意が必要かもしれません。

ダイエットで生理が遅れるのは?

女性ホルモンが女性の体に大きな影響があるということをお伝えしてきました。ダイエットも月経周期に合わせて行った方がより効率的に体重を落とすことが出来ます。ただし、過激なダイエットは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。女性の体はデリケートなのでちょっとしたリズムの乱れでホルモンの分泌量に変化が出てくるのです。プロゲステロンは妊娠のために必要なホルモンなので、正常に分泌されないようだと生理不順を起こすことも。ホルモンバランスの乱れは、体調不良やお肌の荒れにもつながります。まだ10代20代前半のうちは体力も充実していて乗り切れることもあるかもしれませんが、できるだけ急激なダイエットは避けるようにしていきましょう。

生理周期とダイエットのタイミング。いつからが痩せる時期? まとめ

生理周期には、女性ホルモンのバランスが深くかかわっています。
生理とダイエットのタイミングにも関連性があり、生理開始日から4日後から排卵日までの10日間が一番痩せやすい時期です。
生理中にダイエットをしている場合には無理をしてはいけません。現状維持だったら成功と思って、ゆっくりとしたリズムで行っていくようにしましょう。


話題のコンブチャクレンズが1000円で買える!?

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズは、28日間の臨床試験で、平均-1.9kg。最大で-5.6kg痩せたことが証明されました。成功率は91%です。

 

味はマンゴージュースでとってもおいしく飲めますし、合成甘味料、合成着色料、合成アミノ酸、アルコールを一切使用せず無添加で安心です。

 

200種類以上の酵素と、酵母や乳酸菌が燃焼と排出をサポートするので、飲んだら体がポカポカしてきます。飲み始めてから、お通じもよくなってきて汗もかきやすくなりましたから、私も信頼して飲んでいます。

定期購入だと、初回1000円で購入できるのでとってもお得です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
置き換えランキング

置き換えダイエットランキング

食べながら痩せるから続けられる!
確実に痩せたい人の定番ダイエット...

ランキングはこちら
生酵素サプリランキング

生酵素サプリランキング

酵素の力で腸活ダイエット!
代謝アップで痩せるチカラをサポート...

ランキングはこちら
お腹痩せサプリランキング

お腹痩せサプリランキング

ダイエットするなら飲まなきゃ損!?
徹底的にサポートするサプリはコレ...

ランキングはこちら