痩せにくい体質の人が痩せる方法。30代の何をしても無理という人がダイエットに成功する秘訣

痩せにくい体質の人、いくら食べても太らない人っていますよね。30代になるとさらになかなか痩せないなぁって思っている人もいると思います。

代謝が落ちてくる30代。何をしても痩せない、無理って思うかもしれませんが、そんなあなたのために、ダイエットに成功する秘訣を紹介します。


お腹痩せは今がチャンス!

寒いほうが体を温めようとするので脂肪が燃えやすい。だから今がダイエットチャンス...

もっと詳しく見る

痩せにくい体質ってどんななの?その理由

同じものを食べているのに太らない人はうらやましいですよね。
痩せにくい、太りやすいというのには、体質の違いがあるんです。もともと痩せにくい人は、体質の改善をして痩せやすい体に変化させていきましょう!

筋肉量の低下で基礎代謝が低下している

基礎代謝は、何もしていなくても体が消費するエネルギーのこと。代謝が高ければ、カロリーの消費も多くなって余分な体脂肪がつきにくくなります。
代謝のおよそ70%は筋肉が占めています。ですから筋肉量が減ってくると代謝が悪くなり脂肪がつきやすくなってきます。
若いうちは運動をしていたけど、年々運動量が減ってきているというのも大きな原因の一つです。

筋肉は、脂肪よりも重いものです。筋肉をつけると体重が増えてしまうと思いがちですが、そうとも言えません。もちろんムキムキになるまで筋トレをすれば、体重自体は増えますが、適度な運動で筋肉を保っていくことで、代謝はアップし、脂肪の燃焼もできるのです。

30代になると代謝が落ちてくる

基礎代謝は年齢とともに落ちてくるもので、30代になってくると20代の時と違って「食べたらすぐお肉がついてしまう」ということになってしまうんです。
さらには、体全体の熱量も減ってきます。熱が作れない分、体温を下げないように皮下脂肪を蓄えようとするのです。皮下脂肪があると、”断熱材”のように体を守ってくれる働きがありますから。
皮下脂肪が多ければ多いほど、熱を作らなくてよくなるとも言えます。すると、安静時の基礎代謝でも熱を作らなくなりますのでさらに脂肪の燃焼が減ってくるという悪循環になります。

遺伝的な違いで痩せにくい体質

痩せにくい体質には遺伝的なものもあって、脂肪を分解、消費するレセプターと呼ばれるものが関係してきます。
このレセプターの違いで、他の人と比べても1日200kcal程度代謝が下がってしまうので、同じカロリーをとっていたとしてもそのぶん痩せにくくなってしまいます。
普通よりも気を付けていかないといけないということなんですね。
遺伝子のチェックは、簡単にできるキットがありますので、帰任る人は調べてみることをおすすめします。

食べ過ぎてしまう人に今だけチャンス!

大人のカロリミット

どうしても食べ過ぎてしまう」、「甘いものが止められない」ときには、大人のカロリミット


糖の吸収を抑えてくれるから、余分な糖が吸収されずに済みます

脂肪の代謝をサポートする成分も入っているからさらに太りにくい体質に。


現在WEB限定980円キャンペーン中。コンビニで買うと1500円程度しますので今がお買い得です。


30代のダイエットを成功させる秘訣

ダイエットには運動は欠かせないといいますが、筋肉量の落ちてくる30代くらいになったら、気にして運動をしてくようにしましょう。

30代のダイエットは「地道な生活習慣の改善」から

30代になると、代謝、運動量などいろいろなものが落ちてきます。さらに時間も無くなるし、ストレスもたまるし。痩せない要素はとても多いんです。
短期間で痩せたい場合には、それも色々な方法があるのですが、30代からのダイエットで一番大事なのは、やっぱり継続して地道に生活を変えていくこと。

ここでは特に重要なものをまとめてみました。

ダイエットなんて無理!とならないように

30代になると、出産、子育ての時期であったり、職場では責任のあるポストになったりと、もしかしたら人生で一番忙しい時期かもしれませんよね。
社会的な環境によるストレスで、ダイエットどころじゃない!そう思ってしまう人もいると思います。
このストレスをためすぎてしまうと、ドカ食いに繋がったりして太ってしまう、30代だから、年だから太るのはしょうがない、とあきらめていませんか?
できるだけストレスをためないのがいいのですが、そうもいきません。30代はできるだけ身近にストレスを放出できるものを持っておくことが大事。「毎週1回は半身浴をする」とか、「子供と遊ぶときはちょっと離れた公園まで散歩する」とか、簡単にガス抜きできるものを作るのもダイエットにつながるポイントなんです。

無理な我慢をしないのが成功の秘訣!

我慢ばかりのダイエット、つらいやり方や急激な食事制限などは、絶対に続きません。それどころか、ダイエットを止めたとたんにリバウンドという結果になることも。
食べないではなくて食べ過ぎないといった程度の目標にした方が、続けることが出来ますし、なによりもここからは長い目で見て体形をキープすることが大事になってきます。
だいたい1ヶ月で1~2キロペース。健康的にダイエットするには、1ヶ月で体重の5%までと言われていますので、最大でもそこを目標にするようにしていってください。

食事制限しても回数は減らさない

今まで摂り過ぎていたカロリーを減らすのはいいことです。でも朝食を抜いたり、お昼を食べないで夜しっかり食べるなど、回数を減らすとよくありません。
ドカ食いは血糖値を急激に上昇させるので、食べたもの全部を脂肪にするようなもの。
食べても腹八分目で、お腹が減り過ぎないようにするのが大事なんです。
たとえ忙しくて昼食が取れない時でもその代わりに何か間食をとりいれてお腹に入れるようにしましょう。

サプリだけじゃダメ!運動をとりいれる

ダイエットするなら、筋肉量の面でもカロリー消費のためにも運動は必要です。
運動をしない生活がずっと続いていると、筋肉が減ってどんどん痩せにくい体質になってしまいます。
急にハードな運動をすることはありませんが、家事の時につま先立ちをする、椅子に座っていて少し足を浮かせるなど、毎日の生活の中で運動量を増やすように心がけていってください。

ダイエットサプリをとりいれるのは効果的で良いことですが、こちらも運動とセットで使うとより効果的に働いてくれます。ウォーキングなどを始めるのであれば、もったいないのでサプリを併せて使うようにしましょう。

姿勢を良くすると体質が変わる!

お腹を引っ込めた状態で生活してみる、猫背をしないように意識してみるといった簡単なことでも、痩せにくい体質が変わってきます。もちろん1日2日では効果は見えませんので、継続が大事。
姿勢が良くなれば、血流やリンパの流れが変わってきます。また、お腹を引っ込めた状態でいると腹部に負荷かがかかって、腹筋を鍛えてくれます。
お腹を引っ込めて背筋を伸ばした状態で1日生活すると、30分から40分のエクササイズをしたのと同じくらいの効果があるともいわれています。

ドローイン呼吸法のやり方

お腹を引っ込めたまま呼吸をすることで、お腹痩せに効果的なのが、「ドローイン呼吸法」です。自宅でいつでもできるので、とっても簡単な方法です。
やり方はシンプルで、お腹を引っ込めて持ち上げたような感覚でそのまま呼吸するだけ。まずはお腹周りがしまってきますし、お腹周りは腹直筋、腹斜筋など体の中でも比較的大きい筋肉がついているので、筋肉量がアップして代謝もよくなってきます。

お腹をつまんだ時につまめないような「内臓脂肪」でポッコリになっている場合は、このエクササイズは効果てきめんです。ぜひ取り入れてください。


話題のコンブチャクレンズが1000円で買える!?

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズは、28日間の臨床試験で、平均-1.9kg。最大で-5.6kg痩せたことが証明されました。成功率は91%です。

 

味はマンゴージュースでとってもおいしく飲めますし、合成甘味料、合成着色料、合成アミノ酸、アルコールを一切使用せず無添加で安心です。

 

200種類以上の酵素と、酵母や乳酸菌が燃焼と排出をサポートするので、飲んだら体がポカポカしてきます。飲み始めてから、お通じもよくなってきて汗もかきやすくなりましたから、私も信頼して飲んでいます。

定期購入だと、初回1000円で購入できるのでとってもお得です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
置き換えランキング

置き換えダイエットランキング

食べながら痩せるから続けられる!
確実に痩せたい人の定番ダイエット...

ランキングはこちら
生酵素サプリランキング

生酵素サプリランキング

酵素の力で腸活ダイエット!
代謝アップで痩せるチカラをサポート...

ランキングはこちら
お腹痩せサプリランキング

お腹痩せサプリランキング

ダイエットするなら飲まなきゃ損!?
徹底的にサポートするサプリはコレ...

ランキングはこちら